FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2013.03.13
 つぼみ☆月命日77
201303131.jpg
タマネギが芽を出した。(このタマネギは昨年秋、星テルさんにいただいたもの)

つぼみはつぼみのまま
ああ 今にも花ひらくという
その時
つぼみはつぼみのまま
何をはらんでいたのか
ふっくらと大きくなって
色づいて
美しく開花する
その直前
つぼみはつぼみのまま
どこかへ
どこかへ

Atsuko Suzuki

ゆうが世界を旅している

【月命日】
月命日77☆つぼみ
月命日76☆Best Cafe
月命日75☆悠といた場所
月命日74☆焼き芋
月命日73☆魂の交わり
月命日72☆タリンの階段
月命日71☆20120913
月命日70☆20120813
月命日69☆耳を澄ませて
月命日68☆横寺の紫陽花
月命日67☆20120513
月命日66☆国立 春の花
月命日65☆どこかまわっているだろうな・・・。
月命日64☆ガジュマルの木
月命日63☆悠が世界を旅している
月命日62☆矢来の小屋
月命日61☆CAFE AALTO
月命日60☆ラトビアに幸あれ
月命日59☆
月命日58☆「怪獣わさわさ」
月命日57☆悠をめぐる対談
月命日56☆ゆうが世界を旅している
月命日55☆「喜一君、近頃、元気にやってるかい」というゆうくん(11歳.1996.9.18)の声が聞こえてくる。
月命日54
月命日53
月命日52☆雪が道に白く積もっています
月命日51☆ゆうが来た場所
月命日50☆世界を歩いて目をひらけ
月命日49☆誰よりも愛しい人
月命日48☆あなたはじっと見つめた
月命日47☆20100913
月命日46☆20100813
月命日45☆20100713
月命日44☆JAVA TIMOR
月命日43☆クヌルプ
月命日42☆ボーイスカウト
月命日41☆旅の匂い。
月命日40☆死はひとり。
月命日39☆ふわーっと生きて、たくましく
月命日38☆奥会津の思い出
月命日37☆悠と実測
月命日36☆おもちゃ箱と悠
月命日35☆あれから満3年
月命日34☆悠を辿る
月命日33-2☆どぅーだい。
月命日33-1☆ゆうの海岸物語
月命日32☆力強く
月命日31☆高校生のゆうくん
月命日30☆YU SUZUKI
月命日29☆冬景色
月命日28☆大橋富夫の悠
月命日27☆キューバ
月命日26☆横寺の家で眠るゆうくん
月命日25☆ゆうくんの散髪
月命日24☆平良敬一の言葉☆三周忌
月命日23☆生きる
月命日22☆20080713
月命日21☆ゆうが世界を旅している
月命日20☆みなさん、いつもありがとう。
月命日19☆ゆうが世界を旅している
月命日18☆悠とみかん
月命日17☆雪丸
月命日16☆世界の果てまで
月命日15☆Merry Christmas
月命日14☆セーヌの畔
月命日13☆樹木・花
月命日12☆悠と世界のコーヒー
月命日11☆ゆうへさちより
月命日10☆世界を歩いて目をひらけ
月命日9☆22歳おめでとう☆20070611
月命日8☆赤色矮星「Gliese581」
月命日7☆1985.6.11-2006.9.13☆7775日
月命日6-1☆悠と「実存」
月命日6-2☆UFOキャッチャー
月命日5☆MOCA CAFE
月命日4☆(Tears In Heaven)
月命日3☆ゆうが世界を旅している
月命日2☆巴底村で副村長の話のメモを取る悠
月命日1☆「赤い花」
2013.02.13
 月命日☆Best Cafe
2013021357.jpg

2013.01.13
 月命日75
2013011388.jpg
photo by Atsuko Suzuki

01●悠といた場所/国分寺市光町
僕の生涯の中で国分寺市光町に二時間いたのはただ一度。2006年9月13日だけだ。
それ以外は、武蔵美から国立に向かう車かバスの中でせいぜい通過するだけだった。その日はたまたま仕事の打ち合わせがあった。そこからほど近いところで、同じ時間内に、悠は事故にあった。
つまり、僕と同じ時空間の中で悠は旅立ったのだ。

2013.01.07
 ゆうが世界を旅している
201201072.jpg
071●野銀島・蘭嶼/台湾離島/12.12.26

【ゆうが世界を旅している】
001●Rijksmuseum/ Amsterdam
002●Wed. A. Hoppe c.v. / Amsterdam
003●Leeuwenbrug/ Delft
004●Mauritshuis /Hague
005●Grote Markt/Haarlem
006●Geographer Cafe/ Malacca/06.12.29
007●Lee Trading/Batu Pahat/07.01.01
008●KL China Town/Kuala Lumpur/07.01.05
009●Long Bar/SINGAPORE/07.01.06
010●バウハウス/ドイツ/07.02.13
011●山西省平遥/中国/07.03.27
012●北京川底下村/中国/07.03.29
013●Hampstead Greater London UK/07.05.26
014●Mykonos GREECE/07.05.29
015●Santorini GREECE/07.06.02
016●Athen GREECE/07.06.03
017●BALI INDONESIA/07.08.21
018●colonia guell SPAIN/07.09.18
019●alfama PORTUGAL/07.09.20
020●setubal PORTUGAL/07.09.21
021●porto PORTUGAL/07.09.23
022●marco de canaveses PORTUGAL/07.09.24
023●Hampstead Greater London UK/07.10.28
024●Noirlac FRANCE/07.11.26
025●Poissy FRANCE/07.11.28
026●Paris FRANCE/07.11.28
027●三千浦 KOREA/08.01.02
028●ペネチア ITALY/08.01.02
029●ソウル KOREA/08.01.09
030●ソウル KOREA/08.01.09
031●プノンペン CAMBODIA/08.03.27
032●アンコールワット CAMBODIA/08.03.28
033●トンレサップ湖 CAMBODIA/08.03.29
034●Kaohsiung TAIWAN/08.05.02
035●セテニル SPAIN/08.06.03
036●グアディクス SPAIN/08.06.05
037●アルハンブラ SPAIN/08.06.06
038●ボーンホルム島 Kingdom of Denmark/08.08.11
039●テレルジ Mongolia/08.08.31
040●ウランバートル Mongolia/08.09.01
041●落水荘 アメリカ/08.09.16
042●カットバ ハロン湾ベトナム/08.11.03
043●ハバナ KUBA/08.11.24
044●バラデロ KUBA/08.11.24
045●アンコン KUBA/08.11.26
046●トリニダー KUBA/08.11.27
047●Trinidad KUBA/08.11.27★宮井山のトリニダー
048●Martina Franca ITALY/09.06.04
049●Matera ITALY/09.06.07
050●Dungan Longhouse BORNEO/09.10.17
051●MOCA CAFE VIET-NAM/09.12.27
052●MEKONG River Luang Prabang LAOS/10.01.01
053●徳島吉野川流域 四国徳島/10.05.04
054●FES MOROCCO/10.06.01
055●メルズーカ MOROCCO/10.06.03
056●Tizirt MOROCCO/10.06.05
057●Casblanca MOROCCO/10.06.07
058●Mar Adriatico CROATIA/11.06.01
059●フンデルトヴァッサー・ハウス Wien Austria/11.06.07
060●リーガ/11.10.01
061●ヘルシンキ港/11.10.04
062●フィリピン・バタン島 Uyugan/11.12.28
063●フィリピン・サブタン島 Savidug/11.12.29
064●フィリピン・サブタン島 Sumnanga/11.12.30
065●フィリピン・ビガン Vigan/12.01.04
066●アラン諸島・B&Bピアハウス/12.06.01
067●Ireland・Galway/12.06.02
068●POLAND・Warszawa/12.08.24
069●POLAND・Gdansk/12.08.26
070●FINLAND・Helsinki/12.09.04
071●INDIA/GOKARNA/OM BEACH/12.11.10
072●野銀島・蘭嶼/台湾/12.12.26
2012.12.21
 生もと
201212217.jpg
木村さん、福島の日本酒『生もと』、美味しいです。いつもありがとうございます。岩田さん、いつも美味しい芋焼酎、ありがとうございます。

悠さんとは家の取材の時にお会いしました。あまりにかっこいいので、「ジャニーズ事務所に入れますね!」なんて言うとしきりに照れていらっしゃった姿を思い出します。
家の中をゆっくりと眺めながら「いい家ですね」とお父さんの仕事に感心していらっしゃった悠さん。「先生みたいになりたいですか?」と聞くと、僕にはとてもここまでできない、という風なことをおっしゃっていましたが、建築学科に転科されて、やはりお父さんと同じ道を歩まれていたのですね。
撮影の為、土間にあった山のようなガラクタを黙々といやな顔一つせずに外に運び出してくださった悠さん。お出ししたお菓子をどれもおいしいとニコニコしながら食べてくださった悠さん。ダイニングテーブルとイスをいい感じだとほめてくださった悠さん。(実は現物を見ずに購入して、思い通りのものではなかったのですが、悠さんの一言で一変、お気に入りになりました)
一度だけの出会いでしたが、悠さんは私の心の中にも住んでくださって、思い出すたびに心をあたためてくださいます。本当にお会い出来てよかったです。
(2006.12.16 木村桂子)

2012.12.13
 月命日☆20121213
201212145.jpg
焼き芋

ギャラリーの庭の欅の葉が急に色づいて、風と共に舞い落ちています。
以前より1ヶ月くらい遅い感じがしますが、子供たちがまだ小さかったあの頃、枯葉がたくさん積もると、その枯葉を集めて焼き芋をよくやったものです。
私達が住んでいた一水寮の隣の柿の木荘の庭では、柿の枯葉を集めて、悠の友達と一緒に。そして、ギャラリーの庭では、スタッフと共に。枯葉の中でアルミホイルに包まれて蒸し焼きにされたサツマイモはホクホクして温かく、美味しくて、冬の寒さなんて吹き飛ばすものでした。
今、都会では焚き火をして焼き芋を焼くことがなかなか出来ない状況になってしまいました。その頃からまだ20年もたっていないのに。整備されるのもほとほどにしないと、そういう自然の中での営みも失われてしまいそう。焚き火を囲んだ、のんびりした楽しい時間。思い出すとワクワクしてきます。

2012.12.13 鈴木惇子

早稲田奉仕園さん、いつもワインをありがとうございます。ハイチの珈琲豆「カフェクレオール」を○マル音楽企画さん、ありがとうございます。
2012.12.05
 悠と世界のコーヒー☆インド
2012120508.jpg
2012120510.jpg
上見浩基君のインド土産。OOTY

悠と世界のコーヒー