旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
--.--.--
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2013.05.20
 神楽坂写真塾の6月☆お茶ノ水から神田須田町へ
20060413200333.jpg
夜のみますや

[お茶の水から神田須田町へ]
日時・6月15日(土)13時30分〜
講師・大橋富夫
集合場所・JR中央線お茶ノ水駅聖橋口広場
東京寄りの改札で、ニコライ堂方面に行く場合や、地下鉄千代田線に乗り換える場合にこの改札を使う。 駅前の道路をわたるとちょっとしたオープンスペースがあるので、ここで集合しましょう。

JR中央線御茶ノ水駅・湯島聖堂・昌平坂・神田明神・男坂・芳林公園・秋葉原電気街・昌平橋・交通博物館・神田須田町・みますや・靖国通り・本郷通・明治大学・猿楽通り・白山通り・神田神保町・神田青果市場発祥之碑・JR神田駅

いろいろ見所満載だが、さて大橋トミー号はどこをどう歩くのだろうか? 気がつけば、みんな一人だったりして。。。その方がいい写真が撮れるかな? だが、夕暮れ時の「みますや」集合(17時)だけははずしたくないところだ。
「みますや」の創業は明治38年、100年以上の歴史がある居酒屋。昭和初期の木造建築は、当時の雰囲気そのまま。縄のれんに赤提灯、銅板建築は歴史を感じさせる。老舗だが、料理は割安なのでみんなでわいわい飲むにはもってこいの場所だと思うのだが、さて、入れるか?

「みますや」を描く
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。