FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2012.10.12
 東日本大震災被災地を訪ねる/復興までの道のりを探る
201210045.jpg
Photo by Taku Hata

神楽坂建築塾秋合宿参加者各位

こんにちは、いよいよ神楽坂建築塾秋合宿も来週に迫ってきました。合宿の概要と当日のタイムスケジュールを確認してください。くりこま高原駅で集合し、バスを使っての移動となります。

東日本大震災被災地を訪ねる/復興までの道のりを探る


速報!!!
北田海が10月14日に合流することになりました。
くりこま高原駅9時23分到着だとか?
誰か車を走らせてくれるかな?


【合宿概要】
講師◎日影良孝(建築家)・佐々木豊志(栗駒自然学校代表)・千葉正海(漁師)・佐藤徳郎(南三陸町中瀬区長)
進行◎大場隆博・鈴木喜一

参加費(12,000円)は、宿泊費・夕食(バーベキュー+飲み物代込)・朝食・バス移動費です。
昼食代、入館料、現地への交通費等は別途。

【講師紹介】
●日影良孝(建築家)
1962年:岩手県の県北の九戸郡に生まれる。父は宮大工。1982年:中央工学校卒業。1989年:処女作「鎌倉の大屋根」(作家:井上ひさし邸)。この仕事をきっかけに、民家の再生と新築の木造を両輪にして設計活動を続ける。1996年:日影良孝建築アトリエ設立。2000年:日本建築仕上学会作品賞受賞。
●佐々木豊志(栗駒自然学校代表)
筑波大学で野外教育、冒険教育を学び、国内外で指導経験、研究を積 む。1996年栗駒市(旧栗駒町)で自分流の「くりこま高原自然学 校」を開校。2003年6月にNPO法人「くりこま高原・ 地球の暮らしを自然教育研究所」、その後「NPO法人日本の森バ イオマスネットワーク」を設立。行政と連携しつつ教育福祉・産業等幅 広い分野で、地域社会の中での役割構築に努めている。
●千葉正海(漁師)
牡蠣漁師二代目。歌津伊里前契約会・会長。元禄六年から伝わる自助・ 公助・共助の3つからなる「伊里前契約会」の会長。助け合いの精神 「結」を信念とし、町づくりと家業の牡蠣養殖と水産業の復興を考え奮 闘中。
●佐藤徳郎(南三陸町中瀬区長)
南三陸町志津川中瀬町行政区・区長。園芸農家の経営者として40年 間、トマト、菊、ほうれん草を栽培し、常に挑戦し続けてきた。震災後 は行政区長として、地区単位での避難と仮設入居に尽力してきた。

●10月13日(土)
10:20 くりこま高原駅集合(東京駅発7時56分はやて103号)
10:30 出発
11:00 「手のひらに太陽の家」見学(日影良孝氏による説明)
12:30 登米明治村散策(各自自由に食事)
13:30 出発
15:00 荒砥沢ジオパーク見学
16:00 坐学(講師:日影良孝)
17:30 お風呂
18:30 食事
19:00 坐学(講師:佐々木豊志/岩手宮城内陸地震・東日本大震災での生きる力)


●10月14日(日)
08:30 さくらの湯出発
10:00 南三陸町志津川到着(中瀬地区にて佐藤区長、契約会千葉会長の話)
12:00 復興商店街
13:00 出発
13:30 大川小学校
14:00 出発
15:00 女川病院
15:30 出発 石巻を通り仙台駅へ
16:30 仙台駅 解散  ※当日の状況により予定を省くことがあ
ります。

宿泊施設
文字温泉 さくらの湯 宮城県栗原市栗駒文字荒砥沢45-27
TEL・FAX;0228-47-2111
HP:http://www18.ocn.ne.jp/~sakurayu/

合宿参加者一覧

◎メール確認済
01・鈴木喜一
02・岸 成行
03・森田敦子
04・上見浩基
05・大場隆博
06・日影良孝
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック