FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2012.09.19
 村上正剛の名解説☆空気投げ
moblog_db26fe22.jpg
左・喜一山、右・佐藤山

【村上正剛の名解説】夏巡業に大汗を流した者は、秋に実りを迎える。喜一山、久々の一番。
じっくり鍛えこんだ喜一山。悠然と新鋭の佐藤山を迎え撃つ。気圧(お)される佐藤山。横綱からどんな技が繰り出されるのか気も漫ろに立ち合う。喜一、小手調べに得意の左上手から投げを打てば佐藤山、術(すべ)もなく
左手から落ち一回転、勝負あり。観衆は”空気投げだ”と嘆声をあげる。

この一番を見る

【向こう正面三宅山の解説】
喜一山の左手はよく見ていないとわかりませんが、相当に強いんですね。加えて右のおっつけが効果をあげている。佐藤山が上手を取りたい瞬間を見逃さない。さすが横綱の技ですね。佐藤山の精進を期待したいところです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック