FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2012.05.24
 まもなく早稲田スコットホールギャラリー常設展☆田中忠雄・渡辺禎雄・鈴木喜一 
201205246.jpg
設営中の上嶋さん。

201205247.jpg
僕の作品は客家土楼2点。

201205248.jpg
田中忠雄のこの絵はただいま修復中。(Photo by Eiji Kitada)

【現在修復中】
こちらの絵は現在、西原紀恵氏(絵画修復家)によって修復されて
おります。
作家:田中忠雄
題名:無題(「イエス 弟子たちに現れる」の場面と思われる)
制作年:1965年(画面左下の署名に拠る)
寸法:縦484×横626mm
種類:木炭・水彩/紙


■早稲田スコットホールギャラリーにゆかりの深い三人の作品を集めました。

田中忠雄・渡辺禎雄・鈴木喜一◎三人展
5月24日(木)~6月5日(火)
開館時間:12:00-19:00 水曜休館
開催場所:早稲田スコットホールギャラリー

田中忠雄(1903年~1995年)
行動美術協会創立会員、武蔵野美術大学教授等を歴任。
聖書の主題にテーマを求めた作品を描き、戦後の具象絵画の世界に存在感を示した。

渡辺禎雄(1913年~1996年)
版画家。芹沢銈介に師事し、型染め版画の技法を学ぶ。国画会会員。プロテスタントで、聖書をテーマとする作品を発表している。

鈴木喜一
1949年、静岡県生まれ。建築家・画家・文筆家・神楽坂美術学校主宰。2011年秋より早稲田SHGアートスクール・professor。2012年春より早稲田スコットホールギャラリー企画運営顧問に就任。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック