FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2012.01.19
 森本太郎の水彩教室☆神楽坂美術塾20120216
morimoto11.jpg
やさいと果物のある静物画
morimoto12.jpg
なでしこの花。

かたちを大まかにとらえながら、モチーフから感じ取った色を紙の上に置いていくように描きました。

●「構図を考えて描く」
絵では「構図」は「コンポジション」ともいいます。たとえば音楽では「作曲」のこと、文学では内容の「構成」のことが「コンポジション」です。何かを描いてあらわすことのなかには「構図」を考えることもかかわっています。
今回はグループに別れてモチーフを囲んで描きます。できればみなさんで、モチーフの配置をするところからはじめられたらいいなと思っています。

●「色彩に重点をおいて描く」
おもに水彩をつかって描きます(あれば色鉛筆やパステルなど)。
鉛筆の下書きにあまり時間をかけないようにして、色彩で描いてみましょう。

神楽坂美術塾の2月

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック