FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2011.03.20
 時をつなぐ、確かな改修
37_main.jpg
住む。最新号(2011年春・37号)
20110321-1.jpg

「神楽坂一水寮」◎横寺町の路地奥、「一水寮」暮らし。

●ひっそり息づく
神楽坂一水寮とは、言わずと知れた(知れてないか?)横寺町の路地にひっそり息づく築60年の木造長屋のことである。実は、僕の棲み家(横寺の家、1947年創建=この春、めでたく登録文化財になりました)のお隣さんで、設計にあたった建築家が同じなので我が家の弟分にあたります。丹念にみると随所に手技(ノミとか手斧の仕事)がものをいってる。
実は(その二)、もうかれこれ15年前以上のことになるが、僕たち一家は、この渋い一水寮に5年間以上住んでいた。当時、子供たちも小さかったのでたわいのない楽しい思い出が詰まっている。例えば、息子とプロレスごっこをしていたとか、みんなで川の字になって寝物語に僕の創作話をしていたこととか。
実は(その三)、うっかり窓を開けていると、野良猫が時々無断で入って遊んでいました。(今でもそうかな?)
当時、僕はインドで仕入れた小さな蚊帳の中で眠っていたが、眼下のトタン庇は、太った猫がよく歩いていたせいか、いい味と錆と曲線を出していた。泥棒はこの庇をテコにして屋内に侵入するのは至難の技なので、あえて、このよれよれ錆庇は直していません。

「菅野の家」◎[一軒家の改修] 築七十年、古き良き佇まいを取り戻す。
「菅野の家」の建主、石渡博之さんからとてもいい便りが届いた。

鈴木喜一様

ご無沙汰しております。
報告が遅くなりましたが、家族も家も元気です。
地震の際は私だけでなくしづえさんも外出していました。電車が止まったため、当日は二人とも帰宅する事ができませんでした。ただ、偶然二人そろって知人宅に泊めて頂くことができたのは幸運だったと思います。夜は母親一人だった訳ですが、電話で連絡できお互い安心することができました。翌日少し不安な気持ちで帰宅しましたが、被害は全くありませんでした。

今日、書店で「住む」を見ました。
うちを丁寧に紹介して頂きありがとうございました。温かい目で見て頂いている記事で嬉しく思いました。竣工後暫くしてから改めて雑誌記事になることはさほど多くないと思います。幸せな家で、住んでいる我々にとってもありがたいことです。今は落ち着かない状況ですが、改めて機会を見て神楽坂にお邪魔します。その際にお話しできる事を楽しみにしています。

石渡博之
コメント
この記事へのコメント
とてもいい仕事をさせて頂いた
先日書店にて『住む』を見ました。新しい場所で働き始めて、4月でちょうど一年になります。まだ全然勝手が分からず、日々苦悩の毎日です。しかし、雑誌を通して「菅野の家」を改めて見返すことができ、そしてとてもいい仕事をさせて頂いたと改めて感じました。日々の苦悩が将来いい仕事だったと思えるようにこれからも精進していきたいと思います。
2011/03/28(月) 19:40:26 | URL | 遠山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック