FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2011.02.28
 旅のなかで語る建築の夢☆神楽坂建築塾講座2011.3.13
20110128-15.jpg
(撮影*得丸裕康)

神楽坂建築塾第12期最終講義☆公開講座2011春
3月13日(日)☆「旅のなかで語る建築の夢☆家物語」
13時~15時 ※受付開始12:30~
講師◎鈴木喜一・齊藤祐子・岸成行

※講座内容予定
☆これまでの建築塾をふりかえる。そして未来を構想する。☆
☆ラオスのスライド☆1995→1997→2010→2011☆
☆旅とスケッチ、そして建築☆近代文明論講義☆
☆住み継ぐ家☆
☆桐生・足尾銅山☆
☆修了式☆
2011年度☆研究生募集中!!!

1999年にスタートした神楽坂建築塾も、干支が一回りして、第13期を迎える。光陰矢の如し。因みに神楽坂美術学校総体としては、美術塾は第12期、写真塾は第10期ということになる。
この三塾を主宰する神楽丸の船長としては、よくここまでやってきたなあ、というのが実感だが、と同時に、この航海を支えてくれた多くの講師陣、スタッフ陣、ボランティアのみなさん、そして何より多くの塾生があってのことだなあ、とつくづく感じている次第である。
そうこうしているうちに、建築界の海は、ますます不可視の状態になってきて???、というと夢も希望もなくなってしまうけれど、こういう混迷な時代だからこそ、地道にコツコツと我が道を行くということになるんじゃないのかな、とも思っている。来期は「旅と建築☆家を住み継いでゆくこと。」という地に足をつけたテーマを設定し、文字通り、手考足思でやっていこうと思っている。
研究生諸君、来期も一緒に勉強しようではないか。
(喜一山リンムー)
コメント
この記事へのコメント
本日、浦安にて仕事があり行けませんでした。ギャラリーには、また伺います。
2011/01/30(日) 19:35:24 | URL | 金隆山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック