FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2010.09.30
 ラオス☆ゆったりとまちに溶け込むスケッチツアー
moblog_0e24690b.jpg
ルアンプラバンの夕暮れ=メコン川の夕暮れ

【福隊長×喜一山】ゲスト宮井山
MF●年末のラオス、参加できるよう画策中です。仕事の調整は何にもしていないのですが、情報収集中です。ハノイ経由ですかね。
KS●ハノイ経由ですよ。福隊長が参加するとツアー全体がかなり盛り上がりますからとても楽しみです。ラオスにリンムー旋風と切り貼り旋風が吹き荒れますね。(笑)
MF●リンムー旋風と並列なんて光栄です。個々の旅のスタイルが発揮されるツアー、四股を踏んで鍛えつつ楽しみにしてます。ところで宮井山は出場できるかな。
KS●突然ですが、宮井山関、大丈夫ですか。
SM●ごっあんです。今週、名古屋に帰るので、おかみさん(あやちゃん)に、、、、してきます。
MF●おかみさんに相談ですか。かかぁ天下ですね(笑)
KS●心配ですねぇ。ところで福隊長、ラオス㊙作戦、あるんでしょうか?
MF●㊙作戦ないんです。素のままで、急がず、ゆったりとまちに溶け込めこめる感触だけは、、、、
KS●大切にしたいということですよね。

今回のラオスベトナムスケッチツアーは、古都ルアンパバーンを中心にゆっくりとスケッチをしたい。描く対象は限りなくある。メコン川と空と雲。低くやさしいまちなみ、たくさんの仏教寺院、黄褐色の袈裟を着た僧侶たち、朝靄の托鉢風景、汗を流して働く人びと、夕闇、夜市、手工芸品の数々....。その中で、一日3枚のスケッチの成果をあげて、メコンの畔でラオビールをみんなで飲む。すると、地元の人たちや、ツーリストたちもきっと仲間に入ってくるにちがいない。(鈴木喜一)

立春旅対談2010
マノーマイ通りの麺屋さん
///////////////////////////
●今年の年末もマノーマイ通りの麺屋さんに存在しているのかな。。。(以下原稿参考)

ラオス紀行☆ルアンプラバン
ある家族の風景

///////////////////////////
2009年の年末から、2010年の年始にかけて、僕のなかで恒例となっている「行方知らずの冬の旅」に出た。行方知らずが命題なので、往復航空券を手に入れて、あとは明日は明日の風が吹くのだ、という気ままな旅である。
結果的にできた旅の道筋は、ベトナムのハノイ→ルアンプラバン→国道13号線の山越え→ビエンチャン→ハノイ。ベトナムはこれで四回目、ラオスは三回目の旅なのだが、今回はルアンプラバンでメコン川の夕陽を見ながら比較的のんびりしていた。そのルアンプラバンの安宿通りの、ある家族の風景を紹介しよう。
ゲストハウスから歩いて50歩、通りに面した麺屋さんがあった。僕はいつもここで、まだ暑くならない心地よい冬の風(といっても、なま温かい風なんですが...)に吹かれて、ラオコーヒーを飲みながら朝食をとっていた。昼寝をしてから町にでかけるということもあった。でもその時は陽射しが強烈で、いきなり町を歩くのにはちょっとしんどかった。それで、やはり馴染みになったその麺屋さんにいって、大きな庇の下でくつろいで、旅日記を整理しながらじっとしていた。するとなごやかな麺屋の家族の風景が少しずつ見えてきた。
ワンケオさんには、六人の子供がいる。男五人、女一人。僕は彼女の話(お互いにたどたどしい英語です)に耳を傾けながら、想像力をたくましくしてノートに家系図を描いてみたりする。彼女は六〇代半ば、孫がたぶん25人位いる。そういえば、この麺屋にはなんだか小さな子供が次々と家の内外から現れるという情景が加味されている。
その子供たちの中で、一人の裸足の少女が気になる。13~14歳だろうか。着ている物も他の子供たちとはちょっとちがう。顔つきもちがう。きっと親戚筋の少数民族の女の子で、山奥からルアンプラバンの叔父か誰かをたよってやってきたのだろう。学校に行かせてもらっている。衣食住もまかなってもらっている。なおかつお小遣いももらっている。彼女はそのことをよくわきまえていて、この麺屋で機敏に働き、自立するために修業し、あらゆることを学んでいる。僕はかつて、日本にもあったような記憶の中の風景をかすかにたぐりよせてゆく。
ワンケオさんや四男とたわいのない話をしながら一枚の絵を描き終えた。描いている最中はずっと一番小さな女の子が僕の右脇で興味深く作業をみつめていた。
15時45分。大分風が涼しくなってきたが、まだまだ陽射しは強い。メコン川の夕陽が傾くまで、もうしばらく、この活力のある豊かな人間の風景に浸っていよう。

古民家スタイル連載
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック