FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2010.04.09
 69●あてどなく地球を歩く
異国をふらふらしているとよくあることなんだけれど、なんかどこかで見たような人だなあ、なんて思うことがある。向こうもこっちの顔を見て、怪訝そうな顔をしている。すると「鈴木先生ですか」と言うから
「そうだけれど、どっかで見たよね」
「土井です」
「ああ、そういえば土井君かあ」
5年ぶりぐらいだったのかな。タイで会った時、目が全然輝いていてすごくいい顔していたからわからなかった。髪もかなり長くなっている。学校で教えていた時は目がくもっていて、本当の不良だったんだけれど、スカッとした不良になっている。(笑)
どこから来たんだようって肩を叩いて聞いたら、インドに3ヶ月いて、それからコサムイというタイの小さな南の島に行って、ちょうどバンコクに戻ってきたところです、と言っていた。バンコクはゴチャゴチャしていて好き、嫌いは人によりますね、なんて言う。彼の話をひとしきり聞いたりして、そうするとやっぱり学校では……、何か君、学校では全然ダメだったけれど、本当に良くなっているね、と僕は言った。
インドあたりをうろうろと旅すると、やっばりこうなるのかという感じがあって、それは彼がそうだったというんじゃなくて、君らも、たぶんそうなるんだな。学校で1年間、2年間こうやっていても、いくらしっかり僕の授業聞いてくれてもね、ダメなのね。例えば3ヶ月ぐらい一人でいろんなことに出会ったり、あてどなく地球を歩くことによって、全ての勉強を全身で受け止めることになる。もちろん場所にもよるし、どんな体験をしたかっていうことがもちろんあるけれど、総じてほとんど間違いないんじゃないかな、僕の感覚でいくとね。土井君には失礼だけれど、彼を見ていたら、誰でも大丈夫。勇気を持って自分自身で世界性を持つことだね。
人間漂流エンディングソング
作曲●松岡耕作
作詞●鈴木喜一・秋馬ユタカ


海を小さく折りたたみ……


海がそばにいた頃
風の中に
深い深い いのちの匂いがした 
孤独が上等だった頃  
海を見るのが好きだった

海を小さく小さく折たたみ
そっとポケットに入れて旅に出た
 
桜の花びらがひらりひらりと揺れる頃
小さく小さく折りたたんだ海を
ふと ポケットから取り出した
なんだか
やわらかなせつなさでいっぱいになり
ポトリと泣いた
あの、なつかしい孤独の味がした

この世の何よりも やわらかな きみの まなざし 
今も 思い出す いつまでも歩いたあの道
燃えるような 赤いワインの味
忘れはしない 深い深い 
いのちの匂い

この世の何よりも やわらかな きみの まなざし 
今も 思い出す いつまでも歩いたあの道
燃えるような 赤いワインの味
忘れはしない 深い深い 
いのちの匂い


楽しき脱走2010
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック