旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
--.--.--
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2005.04.01
 旅泊の空間
shukuhakunokukan.jpg

商店建築社/1999.9.1/A4版/180頁
著者/鈴木喜一
写真/宮本和義
本体価格4300円
残部なし

【著者の言葉】
1994年の秋から約3年間、『旅泊の空間』の取材で日本各地を旅した。世界中のどこにいっても基本的に素朴な安宿派の私にとって、ずいぶん恵まれた機会であった。今回取材した旅館建築の多くは近代和風建築と言われているものである。日本の伝統的な木造技術が最高潮に達したのは明治後期から昭和初期であると言われているが、その時代に建立されたものが母胎になって現在を生きている旅館建築たちばかりであった。どれもが豊饒で手応えのある本物の空間を味わわせてくれた。と同時に、当時の旅館当主、棟梁、職人たちが競って、訪れる客を喜ばせようと嬉々としてつくっていたのではないかと感じることができた。そして、それを懇切に守り続けてきた後続の人たちがいることも知った。
この単行本に紹介した30軒の旅館建築の他にも多くの優れた旅館を見せてもらった。部分的に紹介しているのはその時のものである。さらに取材先の旅館建築だけでなく、旅館街に繰り出して散歩がてらにまちを歩くことも多かった。すると、古い旅館建築はまちのランドマークであることにも気づかされる。まさにこれからのまちづくりの核になるべき位置に存在しているのである。
要するに、ここに紹介された旅館建築はどれも貴重な、かつ稀少な近代和風建築であることに間違いなく、この本が上梓されたことをきっかけに、これらの建築の価値がもっともっと再認識され、訪れる人に本当の空間の豊かさを味わってもらえたらと思う。そこには、古人たちが一生懸命、心を込めてつくった建築への夢が潜んでいるのである。これらの旅館建築が今、現役として立派に活用されているということが私にはうれしい。今後も生き続けてほしいと願わずにいられない。

【本書購入ご希望の方】2007年12月1日現在、在庫切れとなりました。
「住所・氏名・電話番号・アドレス」と冊数を明記してメールでお申し込みください。振替用紙同封でお送りいたします【送料は何冊でも300円】。なお、サインご希望の方はその旨お知らせください。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/23(金) 15:59:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。