FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2009.11.13
 建築の保存や再生はこれからの時代を担う☆interview●04
日常の仕事のお話を聞かせてください。保存や再生はこれからの時代を担う、ということを説かれていますが......。
==========================
  

日常の仕事は住宅設計がほとんど。木造住宅が90%であることと、保存、再生、改修といった仕事内容が半分以上ですね、あと半分弱が新築。
江戸時代から明治、大正期の歴史的な建物を扱うことが多く、素材として古いものを活用したり、文化財として補修して残していくという仕事をしています。最近は母校の武蔵野美術大学の一番古い木造校舎の改修もしました。一時期、建築家は開発する側で、残すのは歴史家がすることだという認識と潮流があったんですが、今後は残すことが新しい建築のジャンルになってくるでしょうね。
保存や再生の仕事は自分が穏やかになるんです。やり終えた時、「いい仕事をしたな」という感慨を持つことがほとんど。経済活動だけが目的のあざといビルなんかを見ると「こんなんでいいんだろうか……」と怒りが込み上げてくる。やはり僕は壊れそうな民家をきっちり直す方が精神的にいいんです。朽ちてしまいそうに見えるボロ屋でも、今まで扱ったものの中で、直せないものはなかったですね。みんな壊す方が簡単だから壊しちゃうんだけれど……。
僕がこのように形成されてきたのは、このアトリエとも関係があるんです。戦後すぐの昭和22年、焼け野原になった神楽坂に、義父である高橋博がこの建築事務所を建てたんです。それがこの建物。ヨーロッパのコテージと日本の民家が入り交じっている。
今、住んでいる横寺の自宅もそうです。96年に改修しましたが、僕は家を直すとき、父に対する敬意があったから、どこを直したかわからないようにしました。本当は結構いじっているんですが、わからないようになじませた。このことは、改修にかかわる建築家が頭に入れておいた方がいいことでしょうね。少なくとも昔の仕事に対してのオマージュを忘れずに現代の仕事をする。昔の職人の創意工夫をちゃんと見るべきです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック