FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2009.10.02
 旅と建築☆辺境からの眼差し
20070402-03.jpg

旅と建築★辺境からの眼差し
神楽坂建築塾2010年7月坐学(予定=構想)⇒2010年10月を予定中(2010.03.03現在)
☆旅バトル
坐学★鈴木喜一×大橋富夫×三浦正博×渡邉義孝×中村真悟●進行・カズ
インド×モロッコ×キューバ×バルカン×中国他

神楽坂建築塾2010
コメント
この記事へのコメント
楽しみです
ありがとうございます。
まだまだ先だと思っていると、すぐにやってきそうですね。
中央アジアよりも、「バルカン・カフカス」の方が話しやすいかもしれません……
2009/10/03(土) 20:17:45 | URL | 渡邉 #SFo5/nok[ 編集]
南米から帰国
来年の7月はおそらく日本にいると思います。南米(モロッコツアー?)から帰国した直後ですね。
それにしても、バトルの相手が鈴木先生、大橋先生、渡邊さん他と。強面ですね。お手柔らかにお願いいたします。
2009/10/03(土) 20:45:27 | URL | 三浦 #-[ 編集]
西安の城壁
喜一先生
いまごろはボルネオの緑濃い空気のなかで、
お酒を楽しまれていることだと思います。
旅バトルのメンツに入れてもらってるようで
嬉しい限りです。
さきほど、みずほちゃんにもメールを入れましたが、先週、西安~成都まで小旅行をしました。中国で唯一、完全な形で残っているという西安の城壁はとても印象深かったです。
堅牢な煉瓦造の城壁で分かたれる外と内。その身体的な体験。想像力が羽を広げて飛んでいきます。心残りは、時間の余裕があるときに、城壁の上を一周しなかったこと。レンタサイクルもあったのに。ちなみに、一周14kmです。

2009/10/22(木) 07:56:25 | URL | なかむらしんご #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック