FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2005.11.17
 布野修司さんからのメッセージ
20050929121806.jpg


神楽坂建築塾塾生及び公開講座参加者諸君へ

布野さんからメッセージが届いた。

「1979年1月、何かの縁に導かれて、アジアへ向かうことになった。最初の旅は、インドネシア(ジャワ、スマトラ)、タイである。以降、四半世紀、アジア各地を歩き回っている。最初にターゲットにしたのは、東ジャワのスラバヤという都市で、もう何度も通って、第二の故郷のようだ。スラバヤには定点観測しているカンポン(kampung)がある。カンポンというのは日本語で言うとカタカナでいう[ムラ]という感じである。都市なのに[ムラ]という。このカンポン、英語のコンパウンドの語源だと言うことをしばらくして知った。カンポンでの経験を『カンポンの世界』(パルコ出版、1991年)にまとめた後、しばらくはロンボク島に通った。
チャクラヌガラという都市を発見して、何故か、インド大陸に足を伸ばすことになった。そして、また都市の世界が蘇った。経緯は省くが、……次々とテーマが押し寄せてきて、毎年何度もアジアに出掛けることになり、挙げ句の果てには、[オランダ植民都市]の歴史を追いかけて世界一周の旅を二度まですることになった。この間の成果が、『アジア都市建築史』(昭和堂)であり、『住まいの夢と夢の住まい...アジア住居論』(朝日新聞社)、『近代世界システムと植民都市』(京都大学学術出版会)、『:生きている住まいー東南アジア建築人類学』(ロクサーナ.ウオータソン著 ,布野修司(監訳)+アジア都市建築研究会)、『植えつけられた都市 英国植民都市の形成,』(京都大学学術出版会)、そして、最新刊『世界住居誌』(昭和堂)である。
 まず、土曜日の坐学でアジア都市建築研究の課題を議論し、その上で翌日、アジアのヴァナキュラー建築の世界の魅力を覗いてみたい」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック