FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2009.04.13
 近代建築史への旅スケッチ展2009
shumokukan.jpg
(画・鈴木喜一/橦木館・大正15年竣工)  

名古屋開催は第九回に続き二回目となります!!!

近代建築史への☆第20回スケッチ展
【東京展】
2009年7月17(金)~22日(水)11時~19時 
会場:アユミギャラリー
【名古屋展】
2009年8月1日(土)~14日(金)10時~17時 月曜休
会場:橦木館 名古屋市東区橦木町2-18 

「近代建築史への旅スケッチ展」の時期が近づいてきました。今年の地方展は愛知県名古屋市の「橦木館」で行われます。
「橦木館」は、名古屋の地場産業である陶磁器の輸出商をしていた井元為三郎氏の自邸として大正15年に建てられました。1996年から2002年、インダストリアルデザイナーや建築家が借り受けて活用していましたが、現在は名古屋市の所有となり改修工事がすすめられ「文化のみち橦木館」として新規開館となります。その開館のオープニングイベントとしてこのスケッチ展が開かれることになりました。

地元名古屋の呼びかけ人には、橦木館を借り受けていた建築家で、神楽坂建築塾の修了生の小栗康生氏。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック