FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2007.12.24
 夢を見た
daichinoie1.jpg

砂漠の中の小さな駅だった
人混みをわけてやっと乗り込んだ汽車がゆっくりと音をたてて走り出した
しばらくして私はリュックを忘れていることに気がついた
何日も待ち続けた汽車だったのに
激しく揺れる列車の中で困ったように立ちつくす私は
ふと朝の夢と気づいた




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック