旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
--.--.--
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2006.10.29
 日本辺境ふーらり紀行



秋山書店/2007年12月1日/四六版202頁 
本体価格1700円+税
ISBN978-4-87023-621-9

日本辺境ふーらり紀行☆全国紀伊国屋書店で発売

【本書の紹介】
スケッチブック片手に、ふーらり気まま旅。
ある時は離島の小学校、またある時は山奥の民家……
世界を旅する建築家・鈴木喜一が、日本各地の辺境で、語り、食し、描き、想う。読めばふーらり訪ねてみたくなる、辺境の魅力がぎっしり。

【高橋裕子の新刊案内】
雑誌『チルチンびと』連載時に好評を博した「日本辺境ふーらり紀行」と「ふーらり美味まち建築紀行」をまとめた紀行エッセイ集。日本(ときには日本周縁も)各地の辺境を訪ねた著者が、その土地で出会った人や町、建物、食などを軽妙な語り口とイラストで綴る。離島の小学校、山奥の民家、江戸や明治の面影の残る町、はたまた都市にも存在する身近な辺境……、それぞれの土地をふーらりと旅する著者の視線は、やさしくあたたかい。読み終える頃には旅に出たくなる、そんな1冊。
(たかはしゆうこ・編集者)

全国図書館蔵書等の状況を見る

書評●「辺境」は今もそこにある
渡邉義孝
「切り捨てられる地方」「限界集落」といった言葉がマスコミにあふれている。そんな現代に、「辺境」を訪ねる意味はどこにあるのか。
旅する建築家が、主に日本国内を訪ねたエッセイ集である本書には、15ルートの行程とそこでの人との出会いが綴られている。スケッチブックを片手に北はサハリンから、南は小笠原、西は五島列島そして韓国へと縦横に歩き回り、普段着の人間とのそこはかとない交流を繰り返す。
相手はたいてい、有名人ではない。
ふらっと出会う、「普通の人」なのだが、しかしいずれも地域への強い愛情と、生きることへの深い含蓄を備えた人びとなのである。てらいのない筆致によって、読者は旅のゆらぎと小さなときめきを共有しつつ、彼らとの対話の中から、便利さや物質的欲望に軸足を置くあり方と違う視点に気づかされていく。
例えば、琵琶湖畔の近江八幡では、汚れた掘割りを蘇らせ廃屋同然だったヴォーリズ設計の郵便局を再生したメンバーと出会い、「パリより遠い」父島では、古老から極楽島と呼ばれた豊かな時代を回想する。稚内では、古い建物をまちづくりの核にしようとするグループが紹介される。
読者が意外に思うのは、東京都心の神楽坂がその1ルートに入っていることだ。
神楽坂こそ、筆者のアトリエと自宅がある拠点なのだが、近世の地割をそのまま残す路地のあちこちに、芽吹く自然の営みやなじみの魚屋さんとのやりとり、家並みのしつらえなどに「辺境」を見いだす。
そう、辺境とは単に東京との距離の多少ではない。その土地の脈絡が生きていて(再開発などという暴力に遭うことなく)、他者との顔の見える関係が、貨幣経済の流れに解消させられていない場所――それが本書の言う辺境に違いない。
「大野は大切な宝だ。……季節を飾る心、自然を慈しみ、人の匂いのする町にしたい」
これは尾張大野で著者が泊まった宿のご主人の言葉である。
「辺境」は今もなお、いたるところにあるのかもしれない。旅人の「ふーらり」とした視点によってそこに光が当てられて、また住む人もその価値に気づかされる。
その相互交歓のプロセスに、私たちもまた旅の醍醐味を重ね合わせるのである。(わたなべよしたか・東京を描く市民の会理事)

ふーらり注文票
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。