FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2006.12.22
 野菜いろいろ
20061222102820.jpg
新鮮なとれたての野菜(ほうれん草・大根・かぶ・水菜・春菊・チンゲン菜等)が岡崎から届いた。うれしいな。さっそく今日のアトリエランチは野菜鍋にしよう。

20061222121058.jpg

鈴木喜一先生へ

前略 ごめん下さい。
悠くんは私の心の中にも存在しています。この先もずっとずっと存在しつづけると思います。神楽坂をはじめて訪れた時、今どきめずらしく澄んだ瞳の若者がいるのを見つけて驚き、喜一先生のご子息とうかがってさらに驚いたことが昨日のことのように思い出されます。少し恥ずかしそうに、でも、まっすぐに相手の目を見て話す姿が印象的でした。こんな若者に育ってくれたら申し分ないナーと、まだ幼い自分の息子の将来を、何度も重ねてみたりもしました。先生のブログで在りし日の悠くんの姿にふれるにつれ残念な思いがますますつのり、私もまだしばらく涙する日が続くのだろうと思います。
野菜は、私の自宅ができる予定の畑で仕事の合間に作ったものです。無農薬、有機栽培(半分なりゆき)です。おそなえにはあまりにもおそまつですが、アトリエの皆さんで召し上がっていただけたらと思い、今朝、畑から獲ってきました。どうぞ元気を出してください。一介の主婦に過ぎない私ですが、それでも、ある意味、悠くんの意志を受けつぐうちのひとりであれたらと思っています。
2月の10~12日で上京の予定があり、2月10日の建築塾には講議録生として参加させていただこうと思っていますので、その折には、できれば悠くんにお花の一本もさしあげたいと考えています。
先生と皆さまのご健康を心よりお祈りいたします。
乱文乱筆お許し下さい。再会を楽しみにしております。

MA
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック