FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2013.01.31
 そのとき僕は、山のロッジで野菜炒め玉子のせを作ることを考えていた。
201301311.jpg
トレッキング ノ ヤマハ ドコデモ ヨカッタ。
ショクゴニ ミカンガ タベレタラ サイコウ ダト ボクハ オモッタ。

その黙想する風景を Hideto Kobayakawa に鋭く洞察されてしまった。

《ロッジの石屋根に座って》
ビレタンティ、1月31日、晴れ。川の音とともに眠り、そして目覚めた。コケコッコーと甲高くにわとりが鳴いている。今日で今月も終わり。リバーサイドの小さなロッジ。2階の部屋の出窓から、石屋根の上に出て、壁にもたれながら朝早くから川を眺めつづけている。ザワザワと強い音をたてて流れるこのヒマラヤのモディ・リバーが、やがてガンガーとなって悠々と流れていくように、僕の人生も、まだとうぶん流れていくのだな。ガランゴロン、ガランゴロン、とロバのキャラバンが往来を行く。


さて、そろそろ野菜炒めを作るか。

201301312.jpg