FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2012.10.14
 大川小学校
201210151.jpg

建築塾秋合宿が終えた。復興までの道のりの険しさを誰もが知った旅だった。南三陸町中瀬地区の佐藤区長が「こういうところに足を運んでいただいてうれしいです。多くの縁台をありがとうございました。大切に使わせていただいています。みなさんに来ていただくことが一番大切な支援になるんです」と若干、涙混じりにいろいろと語ってくれた。胸をさす話だった。

ここまで書いていたら
岸成行講師からさっそくお礼のメールが届いた。
==============
大場隆博 様
鈴木喜一 様

いつもお世話になります。
土、日とご苦労さまでした。
駆け足でしたが、本当に充実した二日間でした。
佐原の町もいつもの秋の大祭が開催され、葺きなおされた瓦が輝いていました。
祭りの佐原囃子にあわせた踊りはとても優雅にみえ、みんなの笑顔が素敵にみえました。
復興の苦労、困難を感じさせない祭りでした。

南三陸の佐藤さん、千葉さんの話は感動的でした。
経済的な復興や、ものが再建される復興だけではない、本当の復興のあり方を考えさせられました。
コミュニティーをどうやって維持し、将来へ残していくか。
みんなの心をどうやってまとめていくか。
佐藤さんの遠くを見つめるようにして、ゆっくりと話す姿が印象的でした、
いつか皆さんの笑顔をみたいと思います。

二つの町を駆け足でまわって、
私自身も大きな課題を背負ったような気持です。
大場さん、奥様には駅から宿まで送っていただき、ありがとうございました。
よろしくお伝えください。


スポンサーサイト