FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2012.03.15
 鎌倉腰越合同ツアー
moblog_cb41f749.jpg
自分の腰越の足跡を地図にしてみる昼下がり。

腰越に到着したら、ちょっとしたお店にはフリーマップのようなものがあるので、それを片手に歩くのもよし、小さなまちなので、地図を放棄して歩く楽しみもあるでしょう。通常、あなたが歩いたあとに地図はできるものです。

なぜか鄙びた感じのする漁港の町を歩く

神楽坂美術塾・写真塾参加者各位

みなさん、鎌倉腰越合同ツアーが近づいて来ました。当日は天気がやや危ぶまれていますが、もちろん決行します。いまさらながらの言及ですが、モンサンミッシェル(江ノ島)は、どちらかと言えば、青空よりやや肌寒くて、小雨か曇り空くらいが似合うと思います。漁港から傘をさしたり、閉じたりしながら絵を描くのが楽しみですね。写真塾の大橋先生も、快晴よりもかえっていいかもしれないね、とさきほど電話で話していました。
ということで、みなさん、間違って晴れたらそれもよし、雨に煙るぼんやりした風景もよし、ということでいきましょう。
総勢37名程。紀伊国屋旅館宿泊組は30名。宴会まで参加が1名。日帰りが約7名の大所帯となりました。呉越同舟的に和気あいあいと楽しいリンムーツアーにしましょう。以下、下見をした経験上から余計なお世話の箇条書きです。
01・荷物はできるだけ軽くした方が動きやすいですよ。
02・狭い路地がおもしろいので、できるだけ道に迷ってみましょう。
03・路面電車や車に気をつけてください。
04・道に迷って、ほんとうの迷子になったら、タクシーを拾って紀伊国屋旅館に来てください。ワンメーター
で到着します。
05・門限は22時までですが、夜遊びしたい人は喜一山にご相談ください。旅館と交渉してみます。

スポンサーサイト