FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2012.02.14
 バタネス★プロデューサートーク/20120218
2012021486.jpg
photo by kiichi suzuki

ムービー上映後15分トーク★鈴木喜一×有地訓(聞き手)
【バタネス】★プロデューサートーク/20120218(土)20時頃


0-0●先生はずいぶん旅をしていますが、バタネスならではというような点が何かありましたか?
KS●いやあ、大いにありました。
0-0●やはり?
KS●ありえない風景をずいぶん見ましたよね。でもよく考えてみたら、至極あたりまえの風景だったんです。ぼくらが忘れかけていたことばかりだった。
0-0●確かに。。。先生の最初の著書『大地の家』の序に書かれていた「見たことのない懐かしい風景」というようなことだったのでしょうか。
KS●そうですね。それに近いものがありました。
0-0●旅の時間の中でいろんなことがありました。先生流の受け止め方を、ぜひ、お聞きしたいのですが?
KS●これが難しいんですよ。言葉にはなかなかできないのですが、あえて言えば、場を注意深く読むということから受け止める。受け止めるだけではちょっとまずいので、やはりこちらも能動的にいかないと時間が活きてこないというようなことで。。。
0-0●もう少し、わかりやすくお願いできますか?
KS●だから言葉ではちよっとね。エモーショナルに、しかも確実に受け止めて瞬時に行動する。
0-0●そのあたりは、先生の動きを見ていてよくわかります。天才的ですよね。動きに無駄がなく、、、シューっと入ってゆく。
KS●スピーディーでしょ。スロウな時間ももちろん大切にしているけれど。
0-0●レッドホース的時間ですね。

One Street(Uyugan)
有地訓写真展 【 BATANES 】
[バタネス★プロデューサートーク/20120218]の続きを読む
スポンサーサイト