FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2012.01.16
 次回写真塾のお知らせ
2012121766.jpg
早稲田スコットホール/Photo by Ryo Hata

次回写真塾のお知らせ◎2013年1月19日(土)13時30分~16時
講師●大橋富夫
内容●組写真のまとめ方+早稲田スコットホールを撮る
集合場所●早稲田スコットホールギャラー
アクセス●http://www.hoshien.or.jp/gallery/access.html
集合時間●13時30分

[夕暮れの電話☆喜一山⇄トミー]2012.12.17
喜一山●大橋さん、1月19日の写真塾、よろしくお願いします。
トミー●わかってるよ〜。ちょうど早稲田で個展をやっている時期から、組写真のまとめ方、というのをみなさんに話したいんだな。
喜一山●それはいいですね。予定では「物撮り」ということになっていますが、、、
トミー●そうだね。早稲田スコットホールの「物撮り」だな。。。
喜一山●わかりました。早稲田スコットホールの事務局のみなさんと交渉してみます。教会内部が撮れるといいですね。
トミー●そういうこと。頼むよ。それからさあ、スコットホールの屋根裏の木構造がおもしろいんだってね。なんとかなるかな?
喜一山●よく、ご存知で。。。
トミー●もちろんだよ。
喜一山●これまた交渉してみます。なかなか見れないですからね。あのレンガの建物は1922年創建で、W・M・ヴォーリズ建築事務所の統括なんですが、早稲田大学の内藤多仲博士が構造設計を担当し、まだ若かりし建築家今井兼次が現場監督として通ったいう由緒ある建築なんですよ。
トミー●そうらしいね。塾生諸君に僕の組写真を見てもらって、外観を撮って、スコットホール内部(早稲田教会)、それに屋根裏が撮れれば最高だね。
喜一山●さて、うまくことが運ぶかな。スコットホールのお姉さん方にお願いしてみましょう。
と、またしても話が尽きないトミーとのやりとりでした。みなさん、新年、最初の写真塾の集合場所は早稲田スコットホールです。神楽坂と間違えないでください。まあ、間違えても、東西線で一駅ですけれどね。

【早稲田スコットホールギャラリーで二つの写真展】
まもなく、野口毅写真展
2012年12月20日(木)~12月25日(火)
開館時間:12:00~19:00 ※日曜日、祝日、最終日は18:00まで
■明治期に建設され、現在も現役で使われている灯台が64基あります。
古い灯台には、ガラスのフレンネルレンズが使用されていますが、地震対策や省エネを考慮し徐々に撤去交換せざるを得ない状況に有り、いつまでもその姿を残す事ができるのかわかりません。
現在、歴史的にも文化的にも貴重な灯台やレンズの姿を少しでも残そうと全国の灯台を撮影しています。

大橋富夫写真展 東京70
2013年1月17日(木)~1月29日(火)
開館時間:12:00~19:00 ※水曜休館、日曜日、最終日は18:00まで
■1970年から80年代前半にかけての東京。活き活きとした「なりわい」と「暮らし」の場を大橋富夫が撮影。組写真(モノクローム)で総計約120点を展示。
スポンサーサイト