FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2011.10.10
 SHANGRI-LA GLOBAL DREAM
218     
武蔵野美術大学近代文明論

《ネパール》
先週は島の学校の特別授業に行ってきました。瀬戸内海の島は大歓迎だったというか、盛り上がったんですが、その成果については、いずれ機会を見て報告します。
最近、ちょっと僕、悩んでいてね。みんな誰でも悩みがあると思いますが……。実は、贅沢な悩みなんだけれど、今朝も学校に来る電車の中でいろいろ考えていて、ここ一週間ぐらいずっと頭の中で考えていることがある。
というのはね、『住宅建築』という建築雑誌があって、そこで、連載を始めることになった。そのタイトルをどうするか、ということに想いを巡らせている。『住宅建築』という雑誌は、伝統的な建築も含めて、質の高い住宅を紹介している本です。僕の仕事も何度か紹介してもらっている。今度の連載は、そういう実際の建築作品とか研究レポートではなくて、もう少し遊びの部分というか、読者がほっとできて、人の暮らしの本質に迫るような紙面をつくりたいということなんです。というと、まあ、僕の中では旅の部分なんですね。それがいよいよ本格化して、今月15日の原稿締め切りなんだけれど、まだ何も出来ていない状態。スケッチと写真をメインにする構成だから、まあ出来るだろうと思っているんですが、タイトルが決まらないのね。連載のタイトル。ずーっと考えている。
編集部の意向は、生きている住まいの風景、こんなテーマでどうかなあ、ということなんですね。僕のテーマは、人が住むって何だろう、人が生きていくって何だろう、ということですから、ぴったりなのね。生きている住風景、そのタイトルでいいんですが、ちょっとまじめすぎるかな、という感じがしている。今朝の時点で有力なのは、以前の授業でも言ったかもしれませんが、英語でSHANGRI-LA GLOBAL DREAM、桃源郷を地球的規模で夢みるというのかな。それをサブタイトルにして、日本語で《シャングリラへの旅》にしようかなと思っているんですが、みなさん、どうですか。
それで延々と地球上のシャングリラを紹介していこう、シャングリラへの旅に向かおうと思っているわけです。
グローバル・ドリーム、地球的な規模で夢をみるというのは君らの世代ではとても大切なこと。僕は今だに夢みている。夢を捨てきれない。今日、話をしてもらう広瀬麻奈さんもたいへんな夢想家です。夢をみるということがないと、生活=ライフはおもしろくならない。イマジネーションがあるということは基本です。その次に、頭の中で夢をみたら行勤していく。行動力が必要。さらに、行動したらこれを自分なりの方法で表現する。僕は、絵を描いたり、写真を撮ったりしながら、僕なりの方法を見つけて、いや、見つけかけているんですが、これは個人個人によって違う。自分の方法論、自分が一番やりやすい方法を見つけていけばいい。
繰り返しますが、夢をみる力というのとても大事、それがエネルギー。行動力へ繋がってくる。その体験を表現する。
広瀬さんは今のところ、ちょっと失礼かもしれないけども、非常に夢をみる力というのがある。それで、若くて体力があって抜群の行動力がある。今、彼女の課題というのは、それをどんなふうに表現していくかというところだと思います。その彼女が君らの先輩ということで、これから話をしてもらいます。
僕のトレッキングより、さらに高いヒマラヤの壮大なスケールの写真が見られます。身近な先輩が世界を股にかけてやっている。しかも女性で一人で……。質問があったら後で直接聞いてみて下さい。
今日は待望の彼女の話でしたね。バトンタッチしましょう。
[SHANGRI-LA GLOBAL DREAM]の続きを読む
スポンサーサイト