FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2011.09.25
 273●タイの小さな村で
武蔵野美術大学近代文明論
273●タイの小さな村で

スケッチをしていた時の話。タイの小さな村で、トラディショナルなタイハウスを発見した。僕は喜び勇んで訪ねる。その家には人が住んでいる。人は住んでいるけれど恐る恐る入って行って、目で挨拶をして、家を眺める。別棟の蔵の前に縁側みたいなべランダがあって、そこに座って絵を、描かして下さい、とも言えないから、目でそれを伝えて描き始めて……、その時は、子供たちがいませんでしたから、大人たちが3、4人いて、なんだろうって感じでずーっと注意深く柱の陰からね、チークの丸い柱があるんですけれど、そういったところからこう、うかがいながら見ている。あいつ、何をするんだろうって。僕も彼らの心理状況がわかるから、ああ彼ら見てるなと把握している。僕はタイハウスを描くわけですよね。彼らはとにかく、じっと見ているわけ。見続ける。後ろに来て見るっていうんじゃないんですよ。柱の陰でこっそり見ている。僕は一生懸命描いている。ずーっと描いてる。ただひたすらそれが続いてね、色を塗り始めたんです。色を塗り始めて僕は……、今日はたまたま持っているんだけれども、これが絵の具だ。これで描くわけです。これはフィルムの空箱、これに絶えず水が入っていて、いつでも描けるようにしてある。これだけの水で描くんですよ。水が濁っても変えない。だから僕の絵は、全体的にひとつの色味がこれで調整されるというか、馴染む。そんなふうに描いていた。
彩色していて、例によってだいぶ水が濁ってきた。そしたら柱の陰で見てた若いご主人が、静かにサーッとやって来てね、フィルムの空箱の水を取ってね、どこかに、家の裏の井戸でしょうね。そして、水をきれいにしてね、また、僕の前に丁寧に置いていくんだよね。非常にうれしかったです、それはもう、うれしいですよ。
スポンサーサイト