FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2011.09.13
 はかなよ
110914_0036~01
photo by tomoka Ichikawa
yamagata 20110913

⇔儚世、満月告げん、真夜中は

解説◎この世は儚い。一瞬のまばたきのように。そのことを昨夜の満月は告げていた。悠の命日が9月13日。奇しくも、市川友香さんが見た山形の月は9月13日が始まったばかりの頃ではなかろうか。
悠は姉の歩と一緒に、亡くなる直前の2006年8月に、山形で運転免許証を取りに滞在していた。彼もきっとこの月を眺めていたのだろう。
いずれにせよ、この世は儚い。一瞬のまばたきのように。満月が悠の21歳を想って彼女に歌わせた回文なのだろう。

回文・コメント◎市川友香
☆まさに、その時刻でした。命日だなんて全然意識せずに、自転車に乗りながら自然に出てきました。
☆もう悠くんとはお友達ですね。なんだかひとつ強くなった気がするんですよ、アユミギャラリーで悠くんを知って。なんでかなあ、よくわかんないんですが…。
☆山形の風景を好きになってくれたのかな。

台風吹いた01
台風吹いた02

市川友香 展
2011.12.9[Fri.] ~12.14[Wed.]
11:00 -19:00(最終日-18:00)
スポンサーサイト