FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2010.11.02
 早稲田奉仕園☆スコットホール
2083_w300.jpg


階段。
moblog_b4c00f37.jpg
魅力的な小屋裏。

【早稲田スコットホール概要】
建造物名称:早稲田教会(スコットホール)
竣工年:1921(大正10)年
所在地:東京都 新宿区 西早稲田 2-3-1
構造:煉瓦造(屋根・床/木造)
様式:ロマネスク
設計監理:W・M・ヴォーリズ建築事務所
施工:不詳
改修年:1991(平成3)年
東京都指定・歴史的景観保存建造物

●半地下をギャラリー空間にするための鈴木喜一の建築的覚書
① レンガの壁を展示壁面として活かす。
② この古いレンガを中心に据えてインテリアを整える。
③ 新建材の腰壁はいったん剥がして考える。
* レンガが白化していると思われるがそのままでいいかもしれない。
* 腰壁をつけるなら本物の板壁にしていく。
④ 展示壁面を増やすために、空洞化している部分にレンガの壁を何箇所かつくることを考える。
⑤ 中央の大きな祠二箇所は左官壁(アーチ形がいいかもしれない)にして展示できるようにする。
⑥ 照明計画を一新する。
⑦ 西窓をどうあつかうか。
⑧ 空調および分電盤等をどう整えるか。
●ギャラリー空間を軌道にのせるための覚書
① 3年は幅広い広報活動をする。
② スコットホールにふさわしい企画展を考える。
③ 人が空間を動かす、ということを認識する。


スポンサーサイト