FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2010.01.24
 回り道の午後☆20100124
●『フランク・ロイド・ライトの現代建築講義』
204ページまで読み進めて、僕はもういちど、訳者のあとがきを読みたくなった。
4・翻訳について
自慢ではあるが、訳者は通常は翻訳不可能とまで言われる難解な書物もかなり手がけており、たいがいの本はさしたる苦労もせずに訳せる。だが本書はこのぼくですらかなり手こずった。


再読すると、山形浩生とはどういう人物なのか、興味がわく。
YAMAGATA Hiroo Official Japanese Page

●『モンの悲劇』
20100124153714.jpg


●国分寺内藤の家
インターホンが鳴ったので、階下に降りて扉を開けると、Jさん夫妻がにこやかな笑顔で待っていてくれた。歩道でしばらく立ち話。
「お久しぶりです。個展をじっくり拝見させていただきました」
「一年ほど会っていませんかね。来てくれてありがとうございます。住み心地はいかがですか?」
「とてもいいですよ。外壁の板も、そして内部も、だいぶ馴染んできて昭和初期らしくなってきました」
「そうですか。それはよかった。また寄らせてくださいね」
しばらく四方山話をしてから、別れ際、僕が「またキャッチボールをしましょうよ」というと、Jさんは、くすっと笑い、奥さんが「打ち合わせで通った頃が懐かしいわ。それでは神楽坂を散歩しながら帰ります」といって二人で仲良く人混みに消えて行った。
[回り道の午後☆20100124]の続きを読む