FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2010.01.09
 2010立春旅対談
20100109175357.jpg
メコン川の夕暮れ(Luang Prabang LAOS)

2010立春旅対談★鈴木喜一×福本真弓(尾道市職員・サンタマンド親善大使)

MF●福隊長は今年も食っちゃ寝、飲んじゃ寝で、増量しちゃいました。今年こそ神楽坂部屋に入門できるかなぁ。
KS●大丈夫です。入門できますよ。ところで技があると強くなれるのですが。
MF●切り貼りでいけますかねえ。ただいまの決まり手、「切り貼り~~」ってないかな。
KS●ところで、今年の目標なんかを語り合いましょうか。僕は「力づよく」で行こうかな。
MF●いいですねぇ。頼りたくなってしまいます。私は「力をつける」で行きます。いろんな状況で自分の力量不足を感じます。先生の「力づよく」の意図は?
KS●去年は確か「地道」にいく、ということでした。その方針には変わりがないのですが、なおかつ「力づよく」がないと、宮井山にはなかなか勝てないからなあ。(笑)
SM●ごっつあんです。...........................
KS●地道と技だけではなかなかむずかしい時代になってきた。荒野を踏みしだくような力強さが自分に求められていると感じるのです。福隊長の「力をつける」も同じような意味合いがありますか?
MF●そうですね。いままで身につけていた能力ではもの足りないのではないかと感じます。ただ、時代に振り回されたくはないですから、自らの力量を上げていく。その先には周りを巻き込み、開拓していく力を身につけていければと思い、「力をつける」としました。あー、大きすぎる目標。
KS●いやあ、目標は大きい方がいいですよ。「自らの力量を上げていく」、これは永遠のテーマですかね。
MF●いくつになっても、力量をあげていく気持ちを持ちたいです。ところで、今年はどこで「力」の刺激を得ましょうか?
KS●「力をつける」にはやはり旅がいいですね。美術塾でモロッコ、これが6月。建築塾はイエメンで11月となっていますが、福隊長には今年こそ参加してほしいなあ。
MF●6月のモロッコ。参加できるよう画策中です。仕事の調整は何にもしていないのですが、情報収集中です。フランス経由ですかね。
KS●そうですよ。エールフランスを予定していますから。細かな日程はまだ決めていないのですが、帰りに時間の余裕があればパリで2~3日のんびりしたいなあ、なんて個人的には考えています。パリのマレー地区の散歩は一年に一回はやっておきたい。モロッコには1981年に行っているんですが、あの時はスペインから船でセウタというところから入りました。カサブランカまで行きましたが、今回はフェズとかマラケシュ、それにアトラス山脈の村々も訪ねるつもり。力のある場所だと思います。
MF●モロッコの力。実感したいです。また、パリのまちにも再び溶け込みたい。まちの力をたくさんとりこみたいし、スケッチでも吸収したいです。
KS●そういうことですよね。福隊長が参加するとツアー全体がさらに盛り上がりますからとても楽しみです。モロッコにリンムー旋風と切り貼り旋風が吹き荒れますね。(笑)
MF●リンムー旋風と並列なんて光栄です。個々の旅のスタイルが発揮されるツアー、四股を踏んで鍛えつつ楽しみにしてます。(笑)

力づよく
福隊長&トミー
リンムー旋風
スポンサーサイト