FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2009.12.25
 中村真悟の北京特派員クリスマス便り05☆早上好!

091224_ns02.jpg
091224_ns01.jpg

早上好!
日本にも寒波襲来しているそうですね。体調は大丈夫でしょうか。最近の北京の街なかは、巨大なクリスマスツリーや
イルミネーションが煌々とつけられたデコレーションが立ち並び、クリスマス(聖誕節)ムード一色です。日本より激しいです(笑)。
現場仕上げの講義録、ありがとうございます。ライブ感が伝わってきます。ブログ「大地の家」の記事と合わせて読みました。いやー、参加できずほんとに残念...。
小林綾子さんの『タイやボルネオの村々も今の日本のようにならないように、うまく(都市化?)してほしいものです。便利な日本に住んでいて今の状況があたりまえと思っている人間の言うことではないのでしょうが...。もっといい発展のしかたをして欲しいです。』のコメント、同感しました。
現在の北京は、街中を両側あわせて10車線くらいの道路が縦横にいくつも通っていて、街区の1ブロックの一辺が1km近くあったりすものもたくさんあります。道路が広く、建物も大きいので、すぐ近くに見える場所でも、歩くと結構時間がかかり、心のなかで「だまされた!」と叫ぶこと数多く、です(笑)。
僕もそうでしたが、初めて北京に来られる方たちは、みな、街のつくりの巨大さにまず驚かれるようです。紫禁城(故宮)のように、巨大なものを愛する嗜好が元々あったのかとも思いますが、(僕も言える立場ではありませんが)
身体に近しいものと、もっとうまく調和してくれればいいなと思います。