FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2009.12.08
 読書人
20091208213048

01●白江亜古『ニッポン・ビューティ』は、老年期に入って、一層の活躍を続ける女性たち20人に真摯なインタビューで臨んだ著者の手際のよい聞き書き集。過酷な戦争を挟んだ彼女たちの、人生、仕事、家族、愛……、日本の女の包容力と優しさと底力が胸を打つ。
02●福岡伸一『世界は分けてもわからない』は、最近寝床で少しずつ読んでいる分子生物学者の興味深い、(僕にとっては)旅の本だ。冒頭の文は、こんなふうに始まる。「どんなささいなことがらについてでも、それを愛し、そのことについて調べたり、試したりしている一群の人々が必ずいる」
03●堀ミチヨ『女湯に浮かんでみれば。』は、僕もお世話になっている神楽坂界隈の銭湯のことが書いてある。男湯の比較的寡黙な世界に比べると、隣の女湯ではこんなにも元気で、おかしくて、シリアスな世界が繰り広げられているのかと思うと、ついついほくそ笑んでしまう。この本がきっかけになって、銭湯文化がもっと見直され、まちの活力源になるといい。著者の筆致も銭湯のように心地よい。
(すずき・きいち氏=建築家・アユミギャラリー主宰)
スポンサーサイト