FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2009.11.25
 32● ロキシー
僕を背負ってくれた男はどういう人か。ポカラの町に日々、仕事を探しに来てる人がいるんですね。ポカラというのはトレッキング基地で賑わってますから、何かいい仕事がないかな、と思って何日も何日も近郊の村や山奥から歩いてくる人たちがいる。僕を背負った男は、僕が弱体だったので、たまたま仕事にありついた。動物のように寡黙な男だった。地元のロキシーというお酒を飲んでばかり、何もしゃべらなかったけれど、5日間、彼に背負われて旅をした。たぶん彼とはもう会うことはないと思うけれど、そんな密着した出会いがあった。

スポンサーサイト