FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2009.08.07
 駒五郎のどんじゃらトーク
20090807-01.jpg栗駒植林風景

喜一山●日本の森ってどのぐらいあるのかな ?
駒五郎●いま日本の国土の三分の二が森林。その内の約半分が人工林で、さらに、その三分の二が杉の人工林です。日本の国土の12%が杉の人工林なんです。
喜一山●杉って、日本固有の樹木なんですか?
駒五郎●そうですよ。杉は成長が早くて柔らかく、とても扱いやすい。そうした特徴があって、 戦後、裸となった山に、とにかく碁盤目状に杉が植えられたんです。
喜一山●それが人工林の背景なんですね。森は水をつくるとも言いますが ?
駒五郎●子供の頃から、水を見て木を思い、木を見て水を思うようにしつけられました。
喜一山●伝説の人として、知る人ぞ知る栗嵩千恵蔵(くりたかちえぞう)のことですね。森に関しては博覧強記の人と伝えられています。
駒五郎●はい、博覧狂喜といった方がいいかもしれません。狂ったように森を愛した父でした。


スポンサーサイト