FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2009.04.17
 上見浩基のフランス便り03☆フランスの道
20090417234033.jpg

リヨンのユースで一人のフランス人と知り合った。サンタアマンダから2時間程電車を乗り継いで彼の住むペショーという小さな街に着いたのはちょうど一週間程前のことだ。そこから4泊5日のホームステイがはじまった。下駄箱と上着が雑多に置かれた部屋を抜けるとすぐにリビング空間が広がる。ゆったりしたソファーと暖炉、その奥には机と椅子が(来客との食事はここでする)。この部屋だけで11×4mの広さがある。その奥にダイニングキッチンがあり、そこからトイレ、食料庫、勉強部屋アクセスする。2・3階は屋根裏部屋を含むと恐らく9部屋ある。とても大きな家である。(HA)

[上見浩基のフランス便り03☆フランスの道]の続きを読む
スポンサーサイト