FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2008.12.27
 思い出 牛乳箱
081226_yokomizo.jpg
横溝健志著●BNN

さまざまな牛乳箱を追い求めて日本全国を巡り、カメラで写し撮ってきた追憶の記録

今でこそスーパーやコンビニで買うことが当たり前になった牛乳ですが、かつては牛乳専門の販売所に配達してもらうのが当たり前でした。毎日朝早く、配達員の人が街を駆け回って各戸に配達するのは、ごく日常的な風景でした。そして、配達される家には必ず「牛乳箱」があったのです。
今でも牛乳配達は行われていますが、街で見かける機会は非常に少なくなりました。未だに残っている牛乳箱も古めかしいものばかりがあちらこちらに散見されます。しかし、そのたたずまいはどこか郷愁を誘い、昭和の匂いを感じさせてくれます。
本書は、そうした牛乳箱に魅了された筆者が、北海道から沖縄に至る、日本全国の牛乳箱を撮影してきた記録をまとめた写真集です。
スポンサーサイト