FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2008.06.14
 岸成行の神楽坂建築塾
20080614174817.jpg
待機する塾生たち。17時50分。

【時間が美しい街並みや建築をつくるという事実を検証する】
18時30分~
ゲスト・藤原成暁氏(ものつくり大学准教授)

岸成行さんの誠実で丁寧な講義だった。読み取ったことは、
01・建築は竣工時が完成ではなく、竣工時から始まる。
02・建築人はそれに同行した方がいい。
03・まちに溶けてゆく建築、場所に沈んでゆく建築、その土地から成長してゆく樹木。

●塾生の感想を読む
・細い路地から見える空、階段の上がり口が明るいと登りたくなる……、岸さんは空間を大切にされている方という印象でした。(KK)
・「美しい」ものをつくらねばならないし、また、クライアントの方にも意識していただきたい、と常々思うけれど……、(NO)
・人間よりも大きなゆっくりした時間を刻む樹はまちに必要なんだなと思いました。(NT)