FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2008.06.12
 日本の民家 屋根の記憶
20080612232734.jpg
20080613204622.jpg
20080613203838.jpg

●本日はお忙しい中、お集りいただきありがとうございます。夕方から大橋さんを祝福するように晴れてまいりました。ただいまから、大橋富夫写真集「日本の民家 屋根の記憶」出版を祝う会を開会させていただきます。
●私は司会進行を仰せつかった鈴木喜一です。よろしくお願いします。
●大橋さんとの関係は、親しい旅の友達です、というと、大先輩ですからちょっと僭越な気もしますが、この10年間、毎年一回……、二回の時もありますね。建築塾のツアーに同行していただき、中国の民家や集落を取材して歩き回っていました。最近ではつい三日程前にスペインのアンダルシア地方から帰国したばかりです。まだちょっと二人とも時差ぼけ気味ですかね。大橋さんとはそんな旅仲間です。
●そのよしみで、大橋さんには、僕が主宰している写真塾の塾長をお願いしています。多忙な仕事のあい間をぬって、後進の指導をたいへん熱心にやっていただいています。
●この「日本の民家 屋根の記憶」という本のことに触れますが、この大橋さんの写真展を1994年に、アユミギャラリーで企画しました。その時のタイトルは確か「日本の民家 屋根の記録」になっていましたが、いまは亡き立松久昌さんから「屋根の記憶」の方がいいのでは? という意見が出て、ある時期から「記憶」になったのだと思います。その後、武蔵野美術大学の美術資料図書館でも展覧会を開催し、そうした一連の経緯の中でこの本の企画が実現に向けて動き出していったと認識しております。

20080613000101.jpg

二次会●山塞(みちのくの旬の味)
益子義弘・石山修武・平良敬一・大橋富夫・永田昌民・坂本一成・長谷川逸子・岩為・田尻裕彦・後藤武・富重隆昭・三宅恒太郎・鈴木喜一






スポンサーサイト