FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2007.08.26
 PROCIDA
20070824-02.jpg

ナポリから一時間半あまり、ナポリ湾に浮かぶプロチダという島に着いた。イスキア島やカプリ島よりもさらに小さな島である。この島の人口は約一万。例によって、とりあえず散歩を始める。路地は曲がりくねっている。三~五階建てぐらいの石造建築が、起伏に富んだ狭い石畳をはさんでどこまでも並んでいる。その石の建物は、1/4円や半円にくりぬかれたファサード(正面)を持っていて、明るいピンク、黄、緑、青などのアースカラーによってきれいに塗りわけられている。その厚い壁からは、遠い過去の記憶から現在に至るまで、そこに住む人々の日常的な営みをじわーっと感じることができる。しかも、その風情は実にやさしく、かわいい。

プロチダ
[PROCIDA]の続きを読む
スポンサーサイト