FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2007.06.09
 塾生の感想を読む☆日々楽しいけれど怒ってる
20070609223934.jpg

KK●新鮮だった 今夜の光とあかりの違いと反射光というのは新鮮だった。近年の密集住宅の中で川口先生はどのくらいカツヤクするのだろうか? 楽しみである。また子供たちに建築を教えるというのは賛成である。
KM●シトー派教会 シトー派の教会がとてもさっばりしていて、好感が持てました。また、その国の宗教性等の観点を忘れてはいけないと思います。
JI●明りと光とかげり 町の明りと夜のやみ 人がここちよい生活空間とはどういうものなのだろうかと、あらためて考えさせられました。
YO●フランスロマネスクツアー 川口さんの光の話は後半の質問の後が良かったですね。神楽坂は塾生を含めての坐学が盛り上りますね。今後が益々楽しみになりました。フランスロマネスクツアー、是非企画してください。
TM●ロマネスクの教会には興味を持っていました。契機は建築を学ぶよりずっと前に、井上靖の連載小説で、がんにかかって余命の少ない初老の紳士がそれらを訪ね歩く話を読んだことです。何か精神的で崇高なものを漠然と期待もし、自分でもその後、いくつか見ましたが、本日の「光」の切り口をお聞きし、目をひらかれた気がしました。もっと勉強もし、もっと訪ねてみたいと思います。ありがとうございました。

20070612113303.jpg

[塾生の感想を読む☆日々楽しいけれど怒ってる]の続きを読む
スポンサーサイト