FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2007.05.21
 新神楽丸出航
20070521225822.jpg
前川國男自邸土台廻り

2007年5月12日、神楽坂建築塾は総計58名で出航した。当夜はまず、平良敬一氏から私に塾長のバトンタッチがあった。「若い人が主力になっていく建築塾の形態を模索してほしい」という内容だった。平良先生には第八期まで塾長を務めていただいて深謝するとともに、これからの私の重責をひしひしと感じていた。
第一回講座では、いま一度、未来のために過去をふりかえることが必要だと講じて(スライドを180枚上映したので、講じてというより、映じての方が正確かもしれない)、その感触を確かめることができたように思える(錯覚かもしれない)。 さて、これからどうなるのか、この先は天しかわからないが、神楽坂建築塾という運動体がこれからどう広がっていくのか、混迷する現代社会に本質的な楔をどう打ちこめるか、みんなで考えていきたい。(鈴木喜一)

まず、これからの方向性について
01・神楽坂建築塾を「運動体」とするためには、10年、続けたい。(KS)
02・これまでのすべて講座を講義録として残してきた。これを形にしたい。(KS)
03・都市と田園をめぐる関係(新しい田園都市をどうつくるか)を考える。(KT)
04・古い建物の中に潜む新しい価値の再発見。(KS)
05・大地の家を再生する。(KT)
[新神楽丸出航]の続きを読む
スポンサーサイト