FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2006.12.31
 中華堂のチキンボール
shang2402.jpeg


●中華堂のチキンボール(Malacca)
ここはマレーシア最古の町マラッカ。スタダイス(紅色建築群)と呼ばれる一角を抜けてマラッカ川にかかる橋をわたり、しばらく歩いていくと中華堂(CHOP CHUNG WAH)がある。店は朝から地元のなじみ客で大繁盛。中華堂のメニューはチキンボールとチキン。チキンボールいうのはゴルフボール位に固めて蒸したチキンライスのことでごま味が香ばしい。このチキンボールが5個、それにゆでたチキンの小皿がついてワンセット。にんにくの効いたチリソースをつけて食べる。舌鼓をうちながらぼくは活気のある店の特徴を考えてみる。
・通りに面して開放的であり、人の出入りが多い。
・家庭的でおいしくて安い。
・笑顔の良い店主、もしくは店員がいる。
・店に生き生きとしたリズムがある。
といったところだろうか。マラッカに来たらぜひ中華堂のチキンボールをお忘れなく。