FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2006.01.19
 忘れられた場所・失われた風景
20051222183543.jpg


第八期神楽坂建築塾塾生募集(2006年度)

戦後の高度成長期以降、日本が進んできた大量生産・大量消費の社会システムとそのもとでの生活スタイルは、いまや地球環境問題、資源の枯渇、ゴミ処理や各種汚染による健康への被害など、さまざまな局面で大幅な軌道修正を余儀なくされています。経済的な側面でも、また人間の生きる場と空間という意味でも、建築は 常に時代の姿の反映でありました。今までの、古いものを一掃し、最新技術を謳歌し、表面的なきれいさや豪華さを求める家づくり・まちづくりのあり方では、これからはもうたちゆかないという危機感を、いまや多くの人びとが共有し始めたといえるでしょう。
[忘れられた場所・失われた風景]の続きを読む