FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2006.01.12
 風土と色彩
2月11日の次回講座は平良塾長の「風土と色彩」という講座である。そこで塾長に予習資料の原稿をお願いしたところ「君は色彩の専門家だからうまく書いておいてよ。参考図書は『まちの色をつくる』ということにして……」と言われてしまった。
塾長が「君は色彩の専門家だから」というのは、たぶん僕が旅の中で水彩画を好んで描き、しかもその行為を25年間、継続的に続けてきたからだと思うのだが、実は実際の建築の中にあまり派手な色彩をいれていない方である。どちらかと言えば地味なタイプで、素材の色を極力尊重しているのである。国内外を問わず、生活に根づいた渋い民家や集落を見過ぎたせいかもしれないし、素地を生かした木造住宅の設計が多いということもある。色を用いることについて、感覚的には多少自信めいたものがあるにせよ、極力抑制しているというのが本音である。
0056.jpg

[風土と色彩]の続きを読む
スポンサーサイト