FC2ブログ
旅する建築家
鈴木喜一の

大地の家
2005.05.09
 時の流れと街を染み込ませる
バトパハ@マレーシア/1997summer

●旅で見る地球に根づいた暮らし04

マレー半島はジョホール州、バトパハ河の畔、金子光晴が旅装をといた日本人倶楽部の前で僕は向かいの建物のスケッチを始めている。岩泉茶室……、彼が毎朝コーヒーを飲みながら質素な食事をとっていた場所である。14時30分、激しい雨が降ってきた。かまわず雨と一緒に描いている。画面に雨が叩き付けられる。
iwaizumi1.jpg

[時の流れと街を染み込ませる]の続きを読む
スポンサーサイト